ホームページ制作料金の見積り方法は?費用の相場に関する裏話

ホームページの料金の相場について

会社や店舗を立ち上げて、ホームページを作ろうと思っている経営者、WEB担当者さんが気になっているのが、ホームページ制作にかかる料金ではないでしょうか?

相見積もりを取ってみたけど、制作会社によって費用がバラバラで相場感がわからないと思っている方も少なくありません。

ホームページは安ければいいというものではありませんし、高ければいいというわけでもありません。あなたの目的に沿った適正価格で最大限効果を発揮してくれるホームページを作るためのヒントになれば幸いです。

ホームページは10万円からでも制作できる?

ホームページはいくらで作れる?

少し前までは、ホームページの制作費用は50万円以上〜が当たり前でしたが、制作ツールなどが普及した現在は、制作コストも少しづつ下がってきていて、10万円以内で制作してくれるフリーランスの方も多く見かけるようになりました。

一般的には、10〜30万円からホームページは作れますが、50〜70万円を超える制作会社もあります。デザインや機能、SEOをかけるページ数によっては100万円を超えるケースも普通にあります。

この金額の違いは、一概にホームページの制作費用というわけではなく、動く人間が多ければ多いほどそこに人件費が含まれるので高額になるケースもあります。例えば、1人で作るのと2〜5人のチームで作るのでは金額が全然変わってきます。

ホームページ制作料金の早見表

ざっくりとですが、WEBサイトの目的別の制作料金の早見表を作成してみました。

コーポレートサイト10〜50万円
ランディングページ(LP)5〜30万円
採用サイト10〜50万円
ECサイト25〜150万円
ポータルサイト100〜300万円
オウンドメディア100〜400万円

必ずしもこの金額内というわけではありませんが、一つの目安にしてください。

制作料金は依頼する制作会社の規模によって異なる

フリーランスかチームか

ホームページの制作料金は、会社の規模によって異なるケースがほとんどです。大きな括りで分けると「フリーランス」と「制作会社」のどちらに依頼するかだけでも金額には違いがあり、また制作会社の規模によっても見積り金額は変わります。

よく、クライアント様に「A社ではこんな見積りだったけど、なぜオタクはこんなに安いの?」と聞かれることがあります。その理由は、その見積もりの中に人件費が含まれているかどうかだと思います。

フリーランスに依頼した場合

最近は、クラウドワークスランサーズのようなクラウドソーシングを利用してフリーランスのデザイナーやプログラマーにホームページの制作を気軽に依頼することができます。

この場合の見積り金額は5万〜40万円くらいが相場と言えます。

副業でクラウドソーシングを利用している方も多く登録されているので、価格は安くなる分、しっかりとした信頼関係を構築しておかないと、後々トラブルになったり、納得のいくホームページができないこともあるかもしれません。

小規模なホームページ制作会社の場合

例えば、社員数が5名以下の小規模なホームページ制作会社に依頼した場合、見積り金額は20万〜50万円くらいが相場と言えるでしょう。ただ、このときにチームとして動く人数やページ数、システム導入などの有無によって金額は前後します。

一般的なコーポレートサイトであれば30万円前後が平均価格という印象です。

大規模なホームページ制作会社の場合

知名度があり、社員の人数も多い大規模なホームページ制作会社に依頼する場合は、こちらもページ数やチームに関わる人数によって金額に差がありますが、見積り金額は100万円以上が相場と考えていいでしょう。

関わる人数が増えれば増えるほど、そこにかかる人件費もかかりますし、プラン内容も充実してきますので、それだけ大きな金額になるものです。しかし、フリーランスや小規模な制作会社と比べると品質はやはり高いです。

オリジナルにこだわるか、テンプレートを使用するか

テンプレートかオリジナルか

また、ホームページを作る工程の違いによっても制作料金は異なります。ざっくり言うと、デザインにこだわるか、デザインはテンプレートでも構わないという感じです。ここをこだわるかこだわらないかで金額は結構開きます。

オリジナルのホームページでデザインにもこだわりたい

ホームページを完全にオリジナルで作りたいなら、コードを手打ちしてゼロから作らなければならないので、それだけ制作期間にも時間を要しますし、高度な知識とスキルが必要になります。

また、デザイン面でもこだわりたいなら、写真撮影、素材(イラスト等)作成もしなければならないので、カメラマンやデザイナーにもお金を支払わなければならないので、その分見積り金額は高くなるでしょう。

WordPressなどのテンプレートを使用する

WordPressは、世界で60%のシェアを誇る代表的なCMS(コンテンツ・マネジメント・システム)です。HTMLやCSSの知識がなくても、ホームページを作れる便利なシステムで、制作会社の中でもWordPressをメインで作られているところも増えてきました。

ブログ機能も標準で搭載されているので、SEOにも強く、後々の更新作業も楽になります。

こうしたWordPressのようなCMSには、独自のデザインテンプレートが用意されていて、そのテンプレートを活用した制作であれば、見積り金額も抑えられます。ちなみに、あなたが今見ているこのページもWordPressのテンプレートを使用しています。

ホームページの目的によっても金額は異なる

マインドマップ

ホームページを作る目的によっても、見積り金額は変わってきますので、あなたがどんなゴールを思い描いているかを制作を依頼する際に伝えることも大切です。例えば、地域に根ざした店舗型ビジネスのホームページの場合と、全国展開を視野に入れているネットショップの場合では、考えなければいけないことがまったく違うので、制作料金も変わってきます。

このときの考え方とは、SEOをかけるキーワードやそのキーワードに対するコンテンツ作成におけるリサーチなどです。

例えば、「会社名」で検索した際にヒットするホームページを作るのは簡単ですが、「◯◯(商品のジャンル名)+通販」のようなキーワードでヒットするネットショップを作るのは、非常に難易度が高くなります。

つまり、SEO対策費用がどのくらいかかるのか、と言う点も見積りに反映されると考えて問題ありません。また、SEO対策が上手な制作会社、SEOが得意でない制作会社もありますので、事前に制作会社に確認することも忘れてはいけません。

まとめ

ということで、今回はホームページの見積り金額の相場について解説してきました。

ちなみに、私たちフューチャイズムの制作料金は、相場から考えると比較的割安な金額設定になっています。その理由は、私たちは小規模な制作会社(社員5名以下)ですし、外注を使っていないから中間マージンなども発生しないからです。

また私たちは、WordPressのテンプレートを使いホームページを制作しますので、完全オリジナルで制作している制作会社よりも見積り金額は低くなっています。だからと言って安かろう悪かろうではなく、高品質なものを提供しています。

もし、あなたが地域に根ざしたローカルビジネスをしているなら、私たちが提供するホームページはぴったりだと思います。島根県松江市・出雲市でホームページを作りたいなら、ぜひお問い合わせください。

Scroll to Top