集客型ホームページ制作

Home Page

集客型ホームページと普通のホームページの違いは、ずばり「集客のことを考えて設計されているか否か」という点に尽きます。このページに辿り着いたあなたは、きっと集客のためにホームページを作りたいと考えているのだと思います。

今の便利な世の中には、知識やスキルがなくても簡単にホームページを作れるソフトがたくさんありますが、それらはホームページの形が作れるだけであり、効果が出ることまでは保証されていません。

せっかくホームページを作るのなら「集客に役立つもの」に仕上げる必要があるでしょう。そして、それを作るためにはマーケティングやSEOの知識、スキルが必要です。

集客型ホームページとは

集客型ホームページに必要なもの

名刺代わりのホームページと集客型ホームページの違いは、見込み客を連れてきてくれるかどうかです。自社のサービスの特徴だけを書き、見込み客が本当に知りたい情報が書いていないホームページではなく、見込み客に刺さるコンテンツを作ります。

キーワード分析

まず、集客したいターゲットが検索するであろうキーワードを洗い出します。そして、そのキーワードで検索した際に上位表示できるようにタイトルや見出しの設計を行います。

売れる構成

あなたの見込み客がどんな情報を必要としているかをリサーチし、文章を作成します。商品の説明は退屈です。その商品により得られるベネフィットを掘り起こしていきましょう。

SEO対策

SEO対策とは検索エンジンの検索結果で上位に表示させるための施策です。200以上の評価項目で平均点以上を出していくことでGoogleやYahooなどで上位表示することができるのです。

シンプル・わかりやすさ

奇抜でユーザーが使いにくいデザインではすぐに離脱されてしまいます。ホームページはシンプルに、 尚且つ使いやすさが重要です。3クリックで目的のページへ辿り着けるように設計します。

スマホ対応

調べ物はPCからではなくスマホから。アクセスの8割以上がモバイルからというデータもあります。いくらPCで見やすくてもスマホ対応していなければ、まったく意味がありません。

Googleマップと連携

特に地域ビジネスの場合、Googleマップ(ビジネスプロフィール)との連携が集客の肝になります。お店を探すときにGoogleマップのアプリを使う人も増えていきています。

集客型ホームページの役割

集客型ホームページは主に4つの役割が想定されるでしょう。

弊社では、ホームページを作る前にヒアリングを入念に行います。ヒアリングシートを作成し、そこに御社の情熱やお客様に対する向き合い方などを書き込みます。

その情報をもとに、ターゲットやペルソナを設計し、見込み客に刺さる構成を作り上げていきます。人は、商品が欲しくて情報を探すのではなく、その商品を使うことで得られる幸せな未来にお金を払うのです。

そのためには、商品の特徴を打ち出すのではなく、その商品を使った未来を想像させるようなコンテンツを一緒に作っていきましょう。